読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九条貴利矢くん6才のことを考える

 昨日に続いてエグゼイドの話。

 

 彼が抱えている問題は二つあって、まず「他人の精神強度を信用できない」ことだ。ゲンムの正体に嘘挟んだの、てっきり社長とサシで交渉でもするつもりなのかと思ってたけどいらん気を遣って情報止めてただけだった。そんな激しいショックは受けないだろうよ。親友の死で過剰に慎重になっているんだろうか? 完全に言い逃れのできない状況に追い詰めてから真相を明かしたかった、と解釈もできるが…

 もうひとつが「自分が嘘つきだと思われることを受け入れてしまっている」ことだ。

 こっちがヤバい。こじらせ過ぎである。言い訳は別に悪いことじゃないから…

 平成ライダーにおいて全部ひとりで背負おうとした奴らはだいたい酷い目に遭ってるぞ! フォローがなきゃ死んでた奴も多い。

 フォロー。

 そう、誰かに助けてもらう必要があるのだ。

 

 ここでちょっと思い返してみよう。

 

  •  現状、永夢と共闘らしい共闘をしたのは貴利矢だけ。飛彩とは目的が一致しているだけで方法論がかけ離れているし、張り合っているような面が強い。
  • 初めて本編中にOP曲が挿入された場面は4話の永夢が貴利矢と共闘することを決めたところ。
  • 他人のために嘘を吐いてしまう貴利矢と、純粋故に安易に他人を信用してしまう永夢が対比になっている。
  • そもそも今後貴利矢が窮地に陥ったとき助けてくれそうなのは永夢だけ。
  • OP映像でレーザーレベル2はエグゼイドレベル2とセットで描写されている。
  • レーザーにはエグゼイドと同時にレベルアップするバンクが用意されている。
  • まだレーザーはエグゼイド以外を乗せたことはない。あのシートは永夢専用である…

 

 永夢は既に信念が定まっているので精神強度問題はクリアできるだろう。いざとなったら強気な性格にスイッチできる強さもある。

 今週のラストシーン、永夢は本心を問うだけで強い非難はしなかった。オオカミ少年と化した貴利矢の背中を追うその目は悲しそうだったけれど*1怒りは浮かんでいなかった。

 そして貴利矢がオオカミ少年を受け入れること自体、もちろん開き直りもあるだろうけれど、根本は周囲の為であるし、永夢に偽悪的な言葉を投げつけるのは彼を真実から守るためでもある。

 拗れてしまっている。誰かが救ってやるしかない。出来るのは主人公だけだ。

 

 あらゆる要素がお膳立てをしていない…?

 仮面ライダーエグゼイドの正ヒロイン、九条貴利矢くん6才なのでは…?

 いや俺はホモじゃないけど…ポッピーピポパポは可愛いけど可愛いだけで最近は解説もしてくれなくなったし…*2

 貴利矢なんか無防備な穴に永夢が持ってる大事なものを挿入されてるからな。完全に信頼ありきだからなアレ。

 完全に完全でしょ…

 ヤバイって…

 

 仮面ライダーエグゼイド、今後も目が離せませんね!

 

 おわり

 

*1:飯島寛騎氏、ちょっと演技上手くなったよね?

*2:明日那のときに素が出るのが一番可愛い