劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディングについてのあれやこれや

 

当然ネタバレがある。

 

www.youtube.com

 

 

  劇場版仮面ライダーエグゼイド(時系列で並べたときの最後のパートのことをエンディングと呼ぶならば本編最終回よりも後の話なので確かに)トゥルー(と言えないでもない)エンディング、ぼくもやっと観た。

 まさかクロノスのリセットが時系列に何の影響も与えないとは思わなかったよ…

 

 雑感

 一話と対応するラストシーンだけで「エンディング」としては十二分だったし、エグゼイドの単独エピソードとしても手堅くつくられていたように思う。あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

 永夢がパラドという「持病」と向き合って生きていく選択をした先の話と考えれば、なるほど選択から逃げ続けるための仮想世界なんてのは最後の敵として丁度良い。ただ手堅いのは手堅いんだけどトゥルーだトゥルーだと煽りまくって本編との繋がりに派手なギミックを期待させてくるのはひきょうだなーって思った。東映はひきょう。言うほどファイナルではなかったEPISODE FINALよりはマシという説もある。

 

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL ディレクターズカット版 [DVD]

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL ディレクターズカット版 [DVD]

 公開版とDC版で加藤夏希の印象が違いすぎてビビる映画でもある 

 

  葱の人ってバグスター?だったの?とかゲムデウスになった理屈とか、いまいち説明不足に感じた部分もあるんだけど、ドラマ的には父と娘の心の交流がピークで後は勝ち確定のイベントバトルみたいなもんなのであれはあれで良いのではないだろうか。ハイパームテキの無敵っぷりよな!「ハリケーンニンジャ相手にも初手ムテキ使ってれば一瞬で終わったんじゃねぇの?」と思った君はきっと正しいが、正しさはときに周囲を傷つける。

 この映画の白眉としてはやっぱり父娘が初めて言葉を交わすシーンで、ちょっと無理あるんじゃねぇかなぁエスパーじゃねぇんだからさぁと思っていた娘の真意にエモーショナルな理屈がつけられることでぼくのちょろい涙腺は容易に刺激されたのだった。昨今の子役の演技力のインフレがただただ恐ろしい。あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

 家族の再生を最大の盛り上がりポイントにする辺り、今作はキッズよりもむしろ保護者の方を向きながらつくっているようにも思える。TV本編に遡って考えれみればブチギレお母さん化した永夢は「産み出したものの責任」としてパラドの手を取るわけで、だから二人の関係性には「病気の受容」だけでなく「親と子」というモチーフも確実にあるのだろう。

 子供と一緒に観ている親も多い日曜の朝の特撮番組に、こういう視点をギリギリ説教臭くなり過ぎないラインで持ち込む手腕はエグゼイドすげーよなと感服するばかりである。この際ゲンムのやべー親子はどう語るべきなのかわからないので無視することとする。あいつらはやべー。

 やべーのだけれども、今作のやべー息子檀黎斗神は妙に漂白されていたのが引っかかる。VRXガシャットを渡して永夢に背中を向けるシーン、 「あっこれ絶対カメラの裏側で悪人スマイルかましてるパターンだし何だったらラスボスこいつだな」って思ったけれども別にそんなことはなかった。TV最終回までの数話で改心イベントでもあるんだろうか。平成ライダージェネレーションズファイナルへの遠大な布石……ってのは穿ちすぎだろうか。

 っていうかこの間始まったばかりなのにもうファイナルなんだな。

 まぁ平成が終わるからね…誰も予想できなかったよね… 仕方がない。次の元号は「末法」でいいと思う。末法ライダー。作風の特徴としては基本的に救いがない。

 あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

 

 アクション面だとまず褒めたいのがムテキゲーマーの主観演出。単純に気持ちいい。あそこだけずっと見ていたい。本編でもちょいちょい主観アクションはあったけれど、映画では派手な画面と相まってほとんどそういうアトラクションと化している。USJとかにありそう。

 主観と言えばもうひとつ挙げたいのが、クリエイターゲーマーのアクションの合間に、VR内での主観が表示されたモニターの前でわちゃわちゃしてる永夢のカットが挿入される演出、単にあれ録画流してるだけなんだろうけどローテクで上手いことやるなぁと感心した。

 個人的なことを言えば忍者プレイヤーのアクションをもうちょっと観たかったなぁという感じ。もっとピョンピョンして良いのよ。あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

  

 全体的にみんな必死だった今作だったけれども、敢えてひとりMVPを挙げるとするならば、仮初のものだとしても父親としての役割を全うし、難易度の高い手術を危なげなく成功させ、「おっ二期平成ライダー夏の劇場版特有の次回作ライダーが突然やってきて適当に共闘し充分にギミックを見せたら急に帰るいつものアレかな」と思ったら普通にタドルレガシーだった鏡飛彩先生を置いて他にいないだろう。働きすぎだろ。本編ではあまり活きなかった回復能力をしっかり使っているのもポイントが高い。

 あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かったのでダブルMVPでもいいかもしれない。

 

 

まとめ

・良い映画だったし、良い番組だ。

ニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

・ビルドは通り魔

 

 

 キューレンジャーの方は良い意味で勢いゴリ押しで楽しかったですね。ライセンスカードはツルギが当たった。よっしゃラッキー!

f:id:antten:20170809112448j:plain

伝説が始まる!!!

 

 

おわり