仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVERに関する妄言(レビューではない)(ネタバレがある)(文章に客観性がない)

www.youtube.com

 

 

  別にオタクに限った話ではなくて、大人になれば誰でも創作物に対してメタ的な読み方をするようになってしまうと思うんですよね。つまりひとつの創作物として一歩引いた視点に立つということです。

 

 仮面ライダーなんてのはそういう見方ができてしまう典型例かもしれません。ちょっと踏み間違えば「子供向けの番組に何をマジになっちゃってんの~」ってポロっと言っちゃいそうになるあの感覚は皆さん肌で知っていることでしょう。予算節制の努力が見え隠れしたりだとか、演出上の制約から生まれてしまうツッコミどころだとか、スーツの劣化だとか、ちゃちなCGだとか、旧作シリーズの俳優さんの客演が気になってしまったりだとか。すべて“裏読み”できる知識があるからこそ目が行ってしまう、虚構としての「平成仮面ライダー」の愛嬌であり、時には受け止め方に困る部分です。

 

 でも、子供の時分、初めて仮面ライダークウガ(の2話)を観たぼくは、今とは違ってろくに話の内容も理解していなかったけれど、でも燃える教会の中で変身する仮面ライダークウガは真実味を持ってそこにいたし、最終回の後、五代雄介のことを忘れたくないと真剣に思っていたぼくがそこにはいたんですよね。

 

 どういう見方が正しいとかではなくて、あのとき、ああいう気持ちになったのが平成仮面ライダーなら、この年齢になってもう一度ああいう気持ちにしてくれるのも平成仮面ライダーだったってことなんですよ。「終わらないでくれ~~~~」って思った映画はいつ以来なのか分かんないですね。「ずっと平成ライダーの世界に浸らせてくれ~~~~」って。客観的な分析なんかできる気もしない。仮に綺麗に終わらないことで映画としての完成度が下がってしまったとしても終わって欲しくなかった。何故なら「創作物としての仮面ライダーの映画」を観に行ったのに気がついたら「平成ライダーという世界」そのものに触れていたから。虚構である前に「平成ライダー」だったから。心の中のオタクを心の中のキッズが退けた。

 

 無理して一歩引いて「仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER」という一本の独立した映画について考えるなら、まったく不満がない訳ではありません。

 アクションはキレキレだし小ネタは多いしビックリするくらい技巧的なプロットをしているし佐藤健はガッツリ画面に出ている。特に褒めたいのが「自動操縦マシンビルダーから必死に逃げる一般市民」で、そりゃまあ現実的に考えてそうなるだろうなってものを濾過せずそのまま描くことで「現実世界の話」だと言外に匂わせるそのアイディアは仮面ライダーだからこそ成立する文脈芸です。けれど、「ダブル」の要素はあってないようなものだったし、本編で描写された筈のビルド時空の改変やアナザーライダー周りの設定については無視されていたようだし、電王関係の設定がご都合的に使われていたきらいもありました。そもそも「民衆の呼びかけに応えて現れる仮面ライダー」という展開そのものは目新しくはありません。

 

 でもそういうことじゃないんですよね。ぼくが子供の頃から観てきた平成仮面ライダーがファンを見据えて真剣に総括をしようとしているんですよ。そりゃずっと追ってた訳じゃなくて離脱してた時期もあるけど、でも結局仮面ライダーは好きだし、これは「ビルドとジオウの冬映画」ってよりは「平成ライダーの映画」なんです。宣伝に嘘偽りなく「平成ライダーを愛したぼくのための映画」なんですよ。ぼくのための。だからぼくも童心に帰るんです。いや裏読みも楽しいし財力でパンフもムックも買ったけどさ!

 

 仮面ライダーたちが次々に現れて民衆を助けるくだり、隣の席に座ってたキッズがお父さんに「あれは○○だよ」って小声で説明して、そしてお父さんも初期のライダーに反応してたんですよ。キッズが隣で喋っててなんか嬉しくなるコンテンツなんて他にないじゃないですか。そういうことなんですよ。平成ライダーだから成立する映画なんです。ぼくは平成ライダーが好きなんですよ……

 

 平成は終わります。平成ライダーもジオウで終わります。だから平成ライダーを総括できるのは今しかなくて、この映画で一番エモくなれるのも今なんですよね。そういうことなんですよ。そういうこと……そういう……

 

 

 かつて平成仮面ライダーが好きだった、あるいは今でも好きなすべての人のために真剣につくられた映画です。だから、かつて平成仮面ライダーが好きだった、あるいは今でも好きなすべての人たちが観るべきで、そして志に応えるべき映画だと、ぼくは思います。

 

 

 

f:id:antten:20181223231433j:plain

 龍騎が当たったので勝ち

 

 

おわり

スタローンとシュワちゃんの(任意)曜洋画劇場!!!映画「大脱出」感想(ネタバレなし)

 例のごとく映画を観ている。

 

大脱出 (吹替版)

大脱出 (吹替版)

 

 

 シルベスター・スタローン演じるレイ・ブレスリンは脱獄のプロ。自ら刑務所に収監されたうえで脱走せしめることで警備の穴を指摘するセキュリティ・コンサルタントである。

 今回彼が持ちかけられたのは連邦政府が極秘に運営している非合法刑務所からの脱獄。強引な手段で収監されたレイは、自分が卑劣な罠に嵌められたことを知る。難攻不落の刑務所の中で孤立無援になったレイに接近するのは、アーノルド・シュワルツェネッガー演じる囚人たちの中の実力者ロットマイヤーだった……

 

 往年の木曜洋画劇場ライクなオッサン空間が展開されるがインターネット配信のおかげで任意の曜日に観ることができる(超絶面白ジョーク)。

  強くて知的でクールなスタローンとシュワちゃんがテンポよく脱獄計画を進めていく様を楽しむ映画。アクション俳優の最前線からは一歩引いた両人の役者としての魅力が存分に引き出されている。特にスタローンのどこか影のあるミドルっぷりが味わい深いが、シュワちゃん側が薄いのかと言えばそうでもなく溜めに溜めたフラストレーションを最初に爆発させてくれるおいしい役どころを「アーノルド・シュワルツェネッガー」という漢の説得力で持って伸び伸び演じてくれている。

 ○○○○が脱走の重要なキーになっているのがユニーク。「なるほど」と膝を打つ合理性があるのと同時に現代アメリカの社会の反映も感じる。あるいは非合法刑務所の無慈悲さ、倫理観の欠如の対比として配置される一種の倫理規範が○への○○○だったのかもしれない。

 ともかくも良い映画である。休日に気を抜いてゆっくる観るのが向いている。

 ビデオ配信やソフト版のあらすじやら予告版映像やらの各種宣伝で中核部分をネタバレしてやがったのでそれは気をつけて欲しい。どんな判断なんだアレ。

 

 

 

 

おわり

 

 

 

映画「アフタースクール」感想(ネタバレなし)

 昨晩から虚無虚無の虚無の虚無の虚無の虚無なので連チャンで映画を観ている。

 

 

 母校の中学校で働く人のよい教師・神野(大泉洋)の元に、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵・北沢(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。
北沢は神野の親友で同じく同級生、現在は一流企業に勤めるサラリーマン・木村(堺雅人)の行方を追っていた。
心ならずも神野は木村探しに巻き込まれてしまう・・・。人を疑うことを知らない男と、人の裏側ばかりを見てきた男。
ちぐはぐコンビの捜査活動から、神野の知らなかった、友人・木村の一面が次々と明らかになり、物語は思いもよらぬ方向へと向かっていく・・・

  amazonDVD商品ページより引用

 

 

 今日観た映画の中では一番楽しかったかもしれない。大泉洋が現代の名優であることをしっかり教えてくれる一作。「どうでしょう」だけの人じゃないんだぞ!

 邦画史に詳しくないぼくはたまにこういうお金の代わりにアイディアを費やした映画を観るたび気になるんだけど初期の伊坂幸太郎がこの手の邦画っぽいのかこの手の邦画が初期の伊坂幸太郎っぽいのか。まぁ初期の伊坂幸太郎作品はだいたいこういう雰囲気の邦画になっているので分けて語るのがそもそも無意味なのかもしれんけど。

 つまりは「アフタースクール」もそういう映画で、冴えた伏線と憎めない小市民の物語である。

 伊坂幸太郎の小説が好きな人は「アフタースクール」も好きになれるだろうし、「アフタースクール」が好きなひとは伊坂幸太郎の小説も好きになれるだろう。

 キーパーソンであり物語に厚みに与えるのはやはり大泉洋演じる中学教師。骨子だけ抜き取れば浮世離れしているようにも見えかねない役どころにひとりの人間として肉をつけ説得力を与えている。

 この場合の説得力ってのは「こういう人も現実にいそう」という即物的リアリティよりかは「この人ならこうなんだろうな」みたいな受け入れ易さの演出力で、こんなもん生ぬるいファンタジーだと切って捨ててしまえばそれまでだけど大泉洋を始め堺雅人佐々木蔵之介も「ファンタジー」を嫌味なく表現することのできる役者だよね。まぁそれって一種の文脈の共有というか明確に定義されてないジャンルというか、つまりはやっぱり「この手の邦画」的なアレだ。舞台演劇の延長にある感じのアレ。わかるでしょう?

 ド派手な中国資本アクション人間の暗部を抉るような鋭さはないけれど、「この手の邦画」に求めるもののすべてが平均点を大きく上回って描かれている快作。観終えたあとには爽やかな気分が残ること間違いなし。 鳴滝さんも出演しているぞ!

 90分ちょっとで終わるし気軽にどんでん返しを味わうのによいのでは。コツはあまり先読みに本気になり過ぎないこと。真剣に考えた推理が外れると悲しいし虚無以下の虚無だから……

 肩の力を抜いて騙される態勢を整えよう。

 とっても気分のよい映画でした(虚無)。

  虚無……

 

 

 

おわり