劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディングについてのあれやこれや

 

当然ネタバレがある。

 

www.youtube.com

 

 

  劇場版仮面ライダーエグゼイド(時系列で並べたときの最後のパートのことをエンディングと呼ぶならば本編最終回よりも後の話なので確かに)トゥルー(と言えないでもない)エンディング、ぼくもやっと観た。

 まさかクロノスのリセットが時系列に何の影響も与えないとは思わなかったよ…

 

 雑感

 一話と対応するラストシーンだけで「エンディング」としては十二分だったし、エグゼイドの単独エピソードとしても手堅くつくられていたように思う。あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

 永夢がパラドという「持病」と向き合って生きていく選択をした先の話と考えれば、なるほど選択から逃げ続けるための仮想世界なんてのは最後の敵として丁度良い。ただ手堅いのは手堅いんだけどトゥルーだトゥルーだと煽りまくって本編との繋がりに派手なギミックを期待させてくるのはひきょうだなーって思った。東映はひきょう。言うほどファイナルではなかったEPISODE FINALよりはマシという説もある。

 

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL ディレクターズカット版 [DVD]

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL ディレクターズカット版 [DVD]

 公開版とDC版で加藤夏希の印象が違いすぎてビビる映画でもある 

 

  葱の人ってバグスター?だったの?とかゲムデウスになった理屈とか、いまいち説明不足に感じた部分もあるんだけど、ドラマ的には父と娘の心の交流がピークで後は勝ち確定のイベントバトルみたいなもんなのであれはあれで良いのではないだろうか。ハイパームテキの無敵っぷりよな!「ハリケーンニンジャ相手にも初手ムテキ使ってれば一瞬で終わったんじゃねぇの?」と思った君はきっと正しいが、正しさはときに周囲を傷つける。

 この映画の白眉としてはやっぱり父娘が初めて言葉を交わすシーンで、ちょっと無理あるんじゃねぇかなぁエスパーじゃねぇんだからさぁと思っていた娘の真意にエモーショナルな理屈がつけられることでぼくのちょろい涙腺は容易に刺激されたのだった。昨今の子役の演技力のインフレがただただ恐ろしい。あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

 家族の再生を最大の盛り上がりポイントにする辺り、今作はキッズよりもむしろ保護者の方を向きながらつくっているようにも思える。TV本編に遡って考えれみればブチギレお母さん化した永夢は「産み出したものの責任」としてパラドの手を取るわけで、だから二人の関係性には「病気の受容」だけでなく「親と子」というモチーフも確実にあるのだろう。

 子供と一緒に観ている親も多い日曜の朝の特撮番組に、こういう視点をギリギリ説教臭くなり過ぎないラインで持ち込む手腕はエグゼイドすげーよなと感服するばかりである。この際ゲンムのやべー親子はどう語るべきなのかわからないので無視することとする。あいつらはやべー。

 やべーのだけれども、今作のやべー息子檀黎斗神は妙に漂白されていたのが引っかかる。VRXガシャットを渡して永夢に背中を向けるシーン、 「あっこれ絶対カメラの裏側で悪人スマイルかましてるパターンだし何だったらラスボスこいつだな」って思ったけれども別にそんなことはなかった。TV最終回までの数話で改心イベントでもあるんだろうか。平成ライダージェネレーションズファイナルへの遠大な布石……ってのは穿ちすぎだろうか。

 っていうかこの間始まったばかりなのにもうファイナルなんだな。

 まぁ平成が終わるからね…誰も予想できなかったよね… 仕方がない。次の元号は「末法」でいいと思う。末法ライダー。作風の特徴としては基本的に救いがない。

 あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

 

 アクション面だとまず褒めたいのがムテキゲーマーの主観演出。単純に気持ちいい。あそこだけずっと見ていたい。本編でもちょいちょい主観アクションはあったけれど、映画では派手な画面と相まってほとんどそういうアトラクションと化している。USJとかにありそう。

 主観と言えばもうひとつ挙げたいのが、クリエイターゲーマーのアクションの合間に、VR内での主観が表示されたモニターの前でわちゃわちゃしてる永夢のカットが挿入される演出、単にあれ録画流してるだけなんだろうけどローテクで上手いことやるなぁと感心した。

 個人的なことを言えば忍者プレイヤーのアクションをもうちょっと観たかったなぁという感じ。もっとピョンピョンして良いのよ。あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

  

 全体的にみんな必死だった今作だったけれども、敢えてひとりMVPを挙げるとするならば、仮初のものだとしても父親としての役割を全うし、難易度の高い手術を危なげなく成功させ、「おっ二期平成ライダー夏の劇場版特有の次回作ライダーが突然やってきて適当に共闘し充分にギミックを見せたら急に帰るいつものアレかな」と思ったら普通にタドルレガシーだった鏡飛彩先生を置いて他にいないだろう。働きすぎだろ。本編ではあまり活きなかった回復能力をしっかり使っているのもポイントが高い。

 あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かったのでダブルMVPでもいいかもしれない。

 

 

まとめ

・良い映画だったし、良い番組だ。

ニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

・ビルドは通り魔

 

 

 キューレンジャーの方は良い意味で勢いゴリ押しで楽しかったですね。ライセンスカードはツルギが当たった。よっしゃラッキー!

f:id:antten:20170809112448j:plain

伝説が始まる!!!

 

 

おわり

 

 

オチが弱いので勢いで誤魔化す話

 

play.google.com

 

 白髪のお婆さんがぼくのスマホをさりげなく覗き込んできたとき、ぼくは読めるけど書けない漢字をひとつずつ潰すべく上記のアプリで黙々と問題を解いていて、お婆さんとぼくを乗せたバスは大交通都市TOKYOの常軌を逸した車の往来の中を荒々しい運転で走り抜けていたのだった。これは比喩ではなくて本当に常軌を逸していたし荒々しかったし走り抜けていた。東京は怖い。

 ぼくはひとり掛けのシートに腰を下ろして、スマートフォンに表示された「【ふ】和雷同」であるとか「【こう】堂に集まる」であるとか「【いちじる】しい進歩」みたいな穴埋めクイズに「付」とか「講」とか「著」と答えをシュバババババババと書き込んでいた。これはちょっと前のぼくからすれば考えられない程の進歩で、いずれありとあらゆる漢字の読み書きを完全に修めるであろう自分の姿を想像し悦に浸りながらふとバスの外に目をやると、背後のふたり掛けシート、その通路側に座ったお婆さんが窓にはっきりと映り込んでいたのだった。

 ぼくは窓を見ながらも並行して問題を倒し続けていて、そしてお婆さんの指もまたシュバババババババと宙に何かを描いている。お婆さんの目線は少し浮いていた。その先にぼくのスマホがあるのはまったく想像に難くない。

 まず最初に頭に浮かんだのは、「これは俺の漢字力を世界に見せつける最初の機会なのだな」という確信だった。

 お婆さんもそれなりに腕に覚えはあるのだろう。日本の文化圏で生きるということは漢字に触れ続けるということとイコールだ。パソコンも携帯電話も電子辞書もなかった時代からの老兵。人生経験がそのままアドバンテージになる。経験という観点では負けを認めるしかないだろう。だが…

 この…脳内処理のスピードに、若さに、ついてこられるのかな?ご老体…

 ぼくはギアをひとつ上げた。

 「植物の発【が】」芽!「留【す】番電話」守!!「不注意に【よ】る事故」因!!!「非常時に【そな】える」そな!!!!

 止まる指!!!!

 止まるバス!!!!!!

 さりげなく窓に映るお婆さんを見るぼく!!!!!!!!!

 空の座席!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 下車するお婆さん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 そもそも自意識過剰???????????????????????

 返す言葉もねぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 まったく、こんな事態にまでは備えてなかったぜ!ハハッ!

 

 

おわり

成長であるとか改善であるとか進歩であるとか

 失敗や後悔をいくら重ねても悩みと呼ぶ程に膨らまないのは自分の能力が他人と比べて著しく低いところで頭打ちになっていることを誰よりも良く知っているし、見てきたし、体験してきたからで、きっと目線のちょっと先に便器があることに引っかかりながらバスタブの中で身体を洗う貧乏人と似ている。だってユニットバスってそういうものだからね。文句はあるし変えられるなら変えたいけど、いま住んでいるのはそういう空間だからね。北海道だったら三万で借りられたぞこんな部屋。

 

『そういうもの』なのはどうやっても『そういうもの』なのだと思う。数分前までカラっと晴れていたのに突然の通り雨で全身びしょ濡れになったとする。とても嫌な気分になるだろうけれど、「もうちょっと手加減してくれないかな」とか「せめて事前に来ることを教えてくれませんか」なんで雨雲に語りかけたところで、通り雨というのは手加減も事前の連絡もしてくれない、『そういうもの』であるからまったくの無意味でしょう。同じじゃないだろうか。ユニットバスは使いにくい。通り雨は突然やってくる。太陽が沈むと夜になる。物は放り投げると地面に落ちる。ぼくの能力は他人よりも低いところで頭打ちになっている。何も変わりはない。『そういうもの』だ。深刻に悩めない。

 

 諦めたり受け入れたりした訳ではなくて、失敗への後悔と一緒に「そうだったな」という気持ちが湧いてくる。そうそうオレってこうだよね。という再確認。成長であるとか改善であるとか進歩であるとか、つまりは伸びしろというものを自分に見出すことはちょっと出来ない。正確に言えばリアリティを感じない。何をどう伸ばせは太陽は沈まなくなるんだよ。想像できるか? ぼくには出来ないよ。

 夜を昼に近づけるための努力ならあるだろう。照明を買う、懐中電灯を持ち歩く。そこら中に街燈を立てる。通り雨に濡れたくないから傘を持てばいいし、全身を使って放り投げた物は高く高く飛んで長く空に留まるだろう。ユニットバスを使いやすくする方法はちょっと思いつかないけれども。*1

 

 もちろん能力を誤魔化すための努力もある。ぼくだって努力している。成果と呼べるものだって得た。自分という生き物をどうにかして解釈して、足りない部分は騙しだましでどうしかやってきた。だから足りない部分が多すぎることを知っているし、騙すにしたって表面だけ雑に取り繕うことしか出来ないのを知っているし、騙しだまし以外に人間みたいな生活を送る手段がないのも知っている。ずっとそうやってきた。そうする以外になかった。誰よりも知っている。

 

 それで話が終わりだったらまぁ薄暗い停滞があるだけなんだけどさ、ぼくもこう、ハード面から脳がどんどん駄目になり始めるくらいの年齢にいよいよ差し掛かってるわけじゃないか。低能だ低能だ喚いてたのが実は自分のピークで、能力が入っている器そのものがゆっくりと衰えていくわけだ。きっとそれはもう始まっているんだろう。

 これはどうなんだろうね。抗うための努力をするべきなんだろうか? DHAか? 魚の目玉とか食べたり? みんな魚の目玉食べてる?

 するべきなんだろうな。健康に気を遣ってさ。魚とか野菜とか発酵食品とか、あと適度な運動と休養とかさ。脳がぶっ壊れちゃったら中身とか関係なく人生が完全に駄目になってしまうし。脳だけじゃなくて内臓も骨も筋肉も何もかも維持しないと駄目だよね。生きることができなくなってしまう。できるだけ長く生きたい。

 でもいつか、そこまでしても駄目になる日が絶対来るわけで、いつかのその日にぼくはどう対応するんだろう。自殺とかしたり? みんな自殺する?

 するべきなんだろうか? 脳も身体も駄目になってしまったら死ぬべきなんだろうか? 有能なら他人に聞かれたときの答えくらいは持っているのかな? ぼくは低能だ。低能なのでなにもわからない。

 なにもどうにもならない。

 これからどうすることもできない。

 魚の目玉食べる?

 

 

 
おわり

 

*1:真剣にアイディア募集中