逆に平気

 

ぼく「フォロワーのみんなはいったいどんな無茶振り千本ノックをおみまいしてくれるのかな~?わくわく♪」

 

 

f:id:antten:20170824221907j:plain

 

 何故この16人に遠慮をさせてしまったのか?

 まずそこから考えなくてはいけない。

 

ブログ更新したくなったからお題をくれ

 改めて読むと相当に横柄な言いぐさだ。お題を考える→書き込む→送信ボタンを押すの3アクションを他人に求めている人間としての自覚が足りないように思える。なるほど無視されるのも納得じゃないか。言葉のキャッチボールに必用なのは相手のグラブにすっぽり入るボールを投げること。剛速球で相手を打ち負かすことではないのだ…「お題をくれ」ではないだろう。「お題をください」だ。あるいは「お題を頂けませんか?」だ。もっと言えば「あなたのお時間とアイディアをぼくのブログのために頂けませんか?」だ。場所は川のほとりの公園だ。そしてきみはベンチに座って文庫本を読んでいる。休日の気分転換のためだ。昼下がりの木漏れ日に目を細めたきみがふと顔を上げると――ゴールデン・レトリバーを連れたぼくと視線が合う。ぼくは君に笑いかける。

 きみは好奇心と――そして淡い期待にも似た、実のところきみ自身にもよくわかっていない不思議な感情に、ふわりと背中を押された。だから普段なら決してしないような大冒険を――つまりはたまたま目が合っただけの初対面の男に、まるで数年来の友達のように笑いかけるなんてことをしてしまったんだ。

「この子、なんて言うの?」

 文庫を閉じてしゃがんだきみは、目の高さをぼくの友達と合わせる。ぼくはきみに友達の名前を紹介する。

「スモーキー・ドッグ」

「あら、愛煙家にしては幼い顔をしているけれど」

「タバコは関係ない。アメリカの有名な軍用犬からあやかったんだ。銃弾を掻い潜って伝令を運んだ偉大な犬さ」

「兵隊さん? 番犬ってわけなのね」 

  きみが細く白い腕をスモーキーに伸ばすと、彼が素直にこうべを垂れるものだから、ぼくは少しだけ驚いた。気難しいスモーキーは普段、ぼくにだってめったなことでは頭を撫でさせてくれないんだ。

「いいや、番犬・・なんかじゃないよ。彼はぼくの友達さ。……ところで、きみはどちらに言ったのかな。“愛煙家にしては幼い顔をしている”ってのは?」

 きみはゴールデン・レトリバーの毛並みを堪能しながら、ふふ、と声を上げて笑う。

 その姿があまりにも――しっくりときた、そう、あるべきものがあるべき場所にあるように思ったから、ぼくも普段は出せない勇気を出したんだ。

「ねぇ、お嬢さん」 ぼくはおどけながら跪き、――けれどほんとうに敬意を持って、言う。「あなたのお時間と――アイディアを少しだけ頂けませんか? そう――ぼくの――ブログのために――」

 

 次からはこれで行こうと思う。

 ところでフォロワーからの反応がないことにウダウダしていたら二時間経ったので何か変わったかもしれないから確認した。

 

f:id:antten:20170824224720j:plain

 

 新しく四人に無視された。ぼくのフォロワーはなんとミニマルな野球チームをおおよそ8つも組織できる程の大勢力を誇っているからボールを投げれば返ってくるだろうと思っていたし無茶振りの千本ノックを期待してもいたし構成員の大半がリフォロー目的の業者という欠点は抱えているもののそれ故に厳選された相互フォローメンバーとは鉄より固い絆で結ばれているとそう心から信じていた。いまこの瞬間までは。そもそもどれだけの数の人間が自分の呟きを見てどれだけの数の人間が反応したのか一瞬で確認できるシステムなんて存在そのもが“悪”なのでは? 誰にも構って貰えない人間に「自分は誰にも構って貰えない人間なのだ」と再確認するツールを与えると最終的に死ぬか目を潰すかの二択しかあり得なくなるのでは?

 きみ「わかる」

 そしてこれが三時間後の様子

 

f:id:antten:20170825004825j:plain

 

 何も変化してない。もはや完全に流されてしまったので誰のタイムラインに表示されることはないからここから数字が変化することは永遠にない。永遠に。

 

 これは四時間後の様子だが、やはり変化はない。

f:id:antten:20170825010110j:plain

 

 もう何をしても変化がないのはわかってるので逆に平気。ダメージはない。

 

  五時間後?ふーん?だから何?

 

f:id:antten:20170825014535j:plain

 

 そもそもお題なんて必要だったの?

 お題を求めることがそんなに大切だったの?

 もしかして、そんなことはないんじゃないの?

 だってフォロワーから募集しなくてもはてなブログ公式で毎週お題キャンペーンやってるし…

 こんな薄情な人たちからお題なんて貰ったって仕方がないし…

 要らないんだからねっ

 勘違いしないでよねっ

 きみたちからのお題なんて!

 もらえなくたってぜんぜん平気なんだからねっ!

 ……

 でも…

 でももし…

 どうしても…

 どうしてもって言うんだったら…

 もらってあげても…

 いいんだから…

 ね…?

 

 

 

おわり…?

劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディングについてのあれやこれや

 

当然ネタバレがある。

 

www.youtube.com

 

 

  劇場版仮面ライダーエグゼイド(時系列で並べたときの最後のパートのことをエンディングと呼ぶならば本編最終回よりも後の話なので確かに)トゥルー(と言えないでもない)エンディング、ぼくもやっと観た。

 まさかクロノスのリセットが時系列に何の影響も与えないとは思わなかったよ…

 

 雑感

 一話と対応するラストシーンだけで「エンディング」としては十二分だったし、エグゼイドの単独エピソードとしても手堅くつくられていたように思う。あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

 永夢がパラドという「持病」と向き合って生きていく選択をした先の話と考えれば、なるほど選択から逃げ続けるための仮想世界なんてのは最後の敵として丁度良い。ただ手堅いのは手堅いんだけどトゥルーだトゥルーだと煽りまくって本編との繋がりに派手なギミックを期待させてくるのはひきょうだなーって思った。東映はひきょう。言うほどファイナルではなかったEPISODE FINALよりはマシという説もある。

 

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL ディレクターズカット版 [DVD]

仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL ディレクターズカット版 [DVD]

 公開版とDC版で加藤夏希の印象が違いすぎてビビる映画でもある 

 

  葱の人ってバグスター?だったの?とかゲムデウスになった理屈とか、いまいち説明不足に感じた部分もあるんだけど、ドラマ的には父と娘の心の交流がピークで後は勝ち確定のイベントバトルみたいなもんなのであれはあれで良いのではないだろうか。ハイパームテキの無敵っぷりよな!「ハリケーンニンジャ相手にも初手ムテキ使ってれば一瞬で終わったんじゃねぇの?」と思った君はきっと正しいが、正しさはときに周囲を傷つける。

 この映画の白眉としてはやっぱり父娘が初めて言葉を交わすシーンで、ちょっと無理あるんじゃねぇかなぁエスパーじゃねぇんだからさぁと思っていた娘の真意にエモーショナルな理屈がつけられることでぼくのちょろい涙腺は容易に刺激されたのだった。昨今の子役の演技力のインフレがただただ恐ろしい。あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

 家族の再生を最大の盛り上がりポイントにする辺り、今作はキッズよりもむしろ保護者の方を向きながらつくっているようにも思える。TV本編に遡って考えれみればブチギレお母さん化した永夢は「産み出したものの責任」としてパラドの手を取るわけで、だから二人の関係性には「病気の受容」だけでなく「親と子」というモチーフも確実にあるのだろう。

 子供と一緒に観ている親も多い日曜の朝の特撮番組に、こういう視点をギリギリ説教臭くなり過ぎないラインで持ち込む手腕はエグゼイドすげーよなと感服するばかりである。この際ゲンムのやべー親子はどう語るべきなのかわからないので無視することとする。あいつらはやべー。

 やべーのだけれども、今作のやべー息子檀黎斗神は妙に漂白されていたのが引っかかる。VRXガシャットを渡して永夢に背中を向けるシーン、 「あっこれ絶対カメラの裏側で悪人スマイルかましてるパターンだし何だったらラスボスこいつだな」って思ったけれども別にそんなことはなかった。TV最終回までの数話で改心イベントでもあるんだろうか。平成ライダージェネレーションズファイナルへの遠大な布石……ってのは穿ちすぎだろうか。

 っていうかこの間始まったばかりなのにもうファイナルなんだな。

 まぁ平成が終わるからね…誰も予想できなかったよね… 仕方がない。次の元号は「末法」でいいと思う。末法ライダー。作風の特徴としては基本的に救いがない。

 あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

 

 アクション面だとまず褒めたいのがムテキゲーマーの主観演出。単純に気持ちいい。あそこだけずっと見ていたい。本編でもちょいちょい主観アクションはあったけれど、映画では派手な画面と相まってほとんどそういうアトラクションと化している。USJとかにありそう。

 主観と言えばもうひとつ挙げたいのが、クリエイターゲーマーのアクションの合間に、VR内での主観が表示されたモニターの前でわちゃわちゃしてる永夢のカットが挿入される演出、単にあれ録画流してるだけなんだろうけどローテクで上手いことやるなぁと感心した。

 個人的なことを言えば忍者プレイヤーのアクションをもうちょっと観たかったなぁという感じ。もっとピョンピョンして良いのよ。あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

  

 全体的にみんな必死だった今作だったけれども、敢えてひとりMVPを挙げるとするならば、仮初のものだとしても父親としての役割を全うし、難易度の高い手術を危なげなく成功させ、「おっ二期平成ライダー夏の劇場版特有の次回作ライダーが突然やってきて適当に共闘し充分にギミックを見せたら急に帰るいつものアレかな」と思ったら普通にタドルレガシーだった鏡飛彩先生を置いて他にいないだろう。働きすぎだろ。本編ではあまり活きなかった回復能力をしっかり使っているのもポイントが高い。

 あとニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かったのでダブルMVPでもいいかもしれない。

 

 

まとめ

・良い映画だったし、良い番組だ。

ニコちゃんの体操服が正直性的だったので良かった。

・ビルドは通り魔

 

 

 キューレンジャーの方は良い意味で勢いゴリ押しで楽しかったですね。ライセンスカードはツルギが当たった。よっしゃラッキー!

f:id:antten:20170809112448j:plain

伝説が始まる!!!

 

 

おわり

 

 

オチが弱いので勢いで誤魔化す話

 

play.google.com

 

 白髪のお婆さんがぼくのスマホをさりげなく覗き込んできたとき、ぼくは読めるけど書けない漢字をひとつずつ潰すべく上記のアプリで黙々と問題を解いていて、お婆さんとぼくを乗せたバスは大交通都市TOKYOの常軌を逸した車の往来の中を荒々しい運転で走り抜けていたのだった。これは比喩ではなくて本当に常軌を逸していたし荒々しかったし走り抜けていた。東京は怖い。

 ぼくはひとり掛けのシートに腰を下ろして、スマートフォンに表示された「【ふ】和雷同」であるとか「【こう】堂に集まる」であるとか「【いちじる】しい進歩」みたいな穴埋めクイズに「付」とか「講」とか「著」と答えをシュバババババババと書き込んでいた。これはちょっと前のぼくからすれば考えられない程の進歩で、いずれありとあらゆる漢字の読み書きを完全に修めるであろう自分の姿を想像し悦に浸りながらふとバスの外に目をやると、背後のふたり掛けシート、その通路側に座ったお婆さんが窓にはっきりと映り込んでいたのだった。

 ぼくは窓を見ながらも並行して問題を倒し続けていて、そしてお婆さんの指もまたシュバババババババと宙に何かを描いている。お婆さんの目線は少し浮いていた。その先にぼくのスマホがあるのはまったく想像に難くない。

 まず最初に頭に浮かんだのは、「これは俺の漢字力を世界に見せつける最初の機会なのだな」という確信だった。

 お婆さんもそれなりに腕に覚えはあるのだろう。日本の文化圏で生きるということは漢字に触れ続けるということとイコールだ。パソコンも携帯電話も電子辞書もなかった時代からの老兵。人生経験がそのままアドバンテージになる。経験という観点では負けを認めるしかないだろう。だが…

 この…脳内処理のスピードに、若さに、ついてこられるのかな?ご老体…

 ぼくはギアをひとつ上げた。

 「植物の発【が】」芽!「留【す】番電話」守!!「不注意に【よ】る事故」因!!!「非常時に【そな】える」そな!!!!

 止まる指!!!!

 止まるバス!!!!!!

 さりげなく窓に映るお婆さんを見るぼく!!!!!!!!!

 空の座席!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 下車するお婆さん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 そもそも自意識過剰???????????????????????

 返す言葉もねぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 まったく、こんな事態にまでは備えてなかったぜ!ハハッ!

 

 

おわり