オウム

 通勤の途中でふと空を見上げると、でっぷり太ったオウムが電線に留まっていた。南国めいてお目出度いエメラルドグリーンの羽毛をしみったれた日本人どもに見せつけるその佇まいは、労奴の身からすれば狭い鳥籠を蹴破り世界に羽ばたく自由を謳歌しているようにも見えたし、人間の庇護の外で生きる術を知らないペットが行く場所もなく途方に暮れているようにも見えた。

 そう言えば最近Fワードを連呼するヨウムが話題になった。(ヨウムとオウムって何が違うの?)

www.google.com

 

 罵倒語が大量に飛び交う環境で育ったので罵倒語を大量に覚えたということなのだろう。僕が真下を通り過ぎる間オウムは何も言わなかった。オウムもヨウムもきっと似たようなものだし、類推するにこいつが何も言わないのは何も聞かずに育ったからに違いない。汚い言葉をかけられながら飼育されるのと無言で飼育されるのはどちらが良いんだろうな。鳥には許される言葉とそうでない言葉の区別なんて付かないだろうが、発話動作に含まれる悪意とか敵意は(危険なので逃げるか、危険ではないか、本能的に反応するだけで人間が想像するような“自我”を持つ訳ではないだろうけれど)わかる筈で、当然危険を感じ続ければストレスになるだろうから、やはり汚い言葉を言われて育つよりかは黙って世話される方がマシのように思う。

 別に優しい言葉をかける必要はない。優しい言葉とそうでない言葉の区別も当然できないだろうし、万が一区別できてしまったらそちらの方が面倒くさい。

「水に優しい言葉をかけると綺麗な結晶ができる」みたいなトンデモが学校教育の場で真面目に扱われた事が昔あったらしいけど、それを聞くたび思ったのが、ある言葉を「優しい」と判断するのは文脈とか聞き手の精神状態次第だということで、例えばめちゃくちゃ性格のねじ曲がった水は褒め言葉の裏をいちいち読もうとするんじゃないだろうか。

 

「ありがとう!」定型文だから言ってるだけで感謝はしてない。

「透き通っていて綺麗」褒められる中身がない。

「いてくれて助かる」ギリギリの人数で回してるから。

「こんな伸びると思わなかったよ」秒で辞めると思ってたわ。

「のんびりでいいよ」しゃしゃるな。

「○○さんに振るくらいなら君の方がいい」消去法で仕事を振っていることからも分かるようにお前は周りに有能がいないからギリギリ存在を許されてるだけで何かヘマをすれば当然○○と同じ扱いになるし、ここで○○をdisっているのと同じようにお前もまた居ない場所で馬鹿にされている。

「(中間管理職)に君をこっちに回して貰うように頼んだから」奴隷として使い潰してやるからな。

 うーんやっぱり無言の方がいいな。

 

 上司にオウムの話をすると、曰わく僕が目撃した辺りでは何年か前からオウムだかセイヨウインコだかの群れが野生化しているそうで、そのうちの一羽なのではないかと言う。

 あいつも社会をやっていたのだなぁ。おれにはできない。オウムにできることができない人間、それがおれ。

 

 

 

 

 

 

おわり

メメント・モリ

 東京都在住の貧民なので隅田川が氾濫した瞬間水没するエリアに住んでいる。僕の運命は隅田川の護岸と共にある。一度根を張ってしまうと離れ難いのが住処というものだから、東京で働いたり就学したりするのに必ずしも東京に住む必要はないのは地方民にとって完全に初見殺しの罠だ。首都圏に住んだことのある人間が周囲にいるか、いるとして相談できる関係性にあるかどうかで得られる情報に多大な差がついてしまう。事前に得られる情報に差がつけば、上京した後の生活を上手くやっていけるかどうかでも差がつきやすくなるのは想像に難くない。だいたい東京から離れれば離れるほど、地方都市圏から離れれば離れるほど首都圏居住経験のある人間は減るだろうから、田舎者は色々な面で不利になるのだろう。

 現代においてはインターネットが手助けをしてくれるだけまだマシだが、Googleの検索結果には誇張した民度の話だとか不動産情報サイトへの誘導が山のように出てくるばかりで「どの地域に通いたい奴はどの地域に住めばいいのか」はいまいち教えてくれない。欲しい情報を探すのにもテクニックが必要なのは昨日今日始まったことではないけれど、情報格差を埋めうる筈の検索エンジンの使い方で情報格差がついてしまうのは不合理というか不条理だ。検索上手になろうとするくらいなら、最寄りの駅の“格”で煽り合ってる人が5chにたまにいるのでそれを見るのが比較的ナマっぽい意見を得られるように思う。上京を考えている若者は5chで人間が煽り合っているところを見よう。

「匿名掲示板で何かを知りたいなら、自信満々に間違ったことを書けばいい。誰かが訂正してくるから」とたまに聴くが今ではアレは不正確だ。*1書き込みが途絶えると一瞬でスレッドが落ちてしまうなんでも実況Jがあらゆる話題を包括する野球と関係のない5ch内最大雑談コミュニティとして君臨する現在、想定される煽り合いのサイズも当然小さくなるので、明らかに間違えている情報には「上から目線の訂正」より「定型文を組み合わせた煽り」を入れられる機会の方が多いのは肌感覚で知っている人もいるだろう。比較的スレッドが長生きしやすく応酬が穏やかになるのは夜明け前の時間帯なので、上京を考えている若者は5chに夜明け前まで張り付こう。

 ここまで読んで、「別にリアルタイムでスレッドを追うことなくない?まとめブログを読めばいいのでは?」と思った人がいるかもしれない。

 それは……うん……そうですね……特に否定はしない……

 否定はしないがまとめブログフィルタでろ過されたスレッドは検索結果の上位にヒットしやすくなっているだけで正確性が上がっている訳ではないので……

 やはり5chで人間が煽り合っているところを夜明け前まで張り付いて見るのがいちばん正確だと思う。そういうことを積み重ねていけば隅田川が氾濫した瞬間水没するエリアに住めるようになるぞ!去年の台風では死を意識した。隅田川が氾濫した瞬間水没するエリアに住むと生活の中で死を意識できる。死を意識しろ。死を忘れるな。どう生きようと我々はいずれ例外なくその大鎌に首を落とされるのだから…

 

 

 

 

 

おわり

*1:正確だった時代があるのかどうかはここでは置いておく

TENETの話をしたかった話

今週のお題「好きなおやつ」

 

 先月の中頃から仕事が忙しくて休みを取れなかった。比喩ではなくマジで一日も取れなかったので月曜に解放されるまで合計四十一連勤をしたのは奴隷の鎖自慢だから鼻で笑ってくれていいのだが問題は解放されてからで、嫌いな労働を終えたからには好きなことをしたい!できれば文化的なことを――そう考えたぼくはTOHOシネマズのサイトにアクセスし、話題の映画「TENET」のチケットを購入したのだった。

 選んだのは九月二十九日、つまりはこのブログを書いている今日の夜に上映されるレイトショー。チケットは安いし観客は少ない。僕は特別な理由がない限り映画はレイトショーで観ることにしている。そしてMX4D!椅子が動いたり揺れたり暴れたりする!椅子が動いたり揺れたり暴れたりするのは楽しい……チケット代は1000円上乗せされるがアトラクション性は格段に上がる。今日は――九月二十九日の今日は、文化の予感に朝からウキウキとしていた。まとまった休みはゲットしている。夜に向けて万全にコンデションを整え心穏やかに過ごすだけの余裕があった……チケット購入メールで上映時間を再確認するまでは……

 

ぼく「八時五十分スタートかー、まあ八時過ぎくらいに家出ればちょっと時間余るくらいだな……帰りにドンキ寄って夜食買おうかな……………………ん?上映日 2020/9/28???28??????今日は????29???????」

 破裂する怒声!霧散する心の余裕!虚無に呑み込まれるチケット代2300円……2300円!MX4D料金上乗せ2300円!!!!いや別に痛手ではない。労働者だし。四十一連勤したからお賃金たくさんもらえるし。ハァーー!

 ほんとならこれ書いてる今頃映画館にいた筈なんだよなァ~~~~~~~~~観に行きたかったなァ~~~~行けばいいじゃん。そりゃ行けるよ。来週には行けるよ。そういうことじゃねえ~~~~~~~~!!!!!

 お前イエモンのJAMの「乗客に日本人はいませんでした」にしたり顔で「遺族確認が~」とか「大使館が~」って言うタイプのネットのつまんない人かよ(無限にいるよなアレ)。歌詞読めば分かる通りあれはモヤモヤ~の曲だから手続きの話をするのは根本的にズレてるしおれが今しているのもモヤモヤ~の話で魂の話だ。おれはお前がそうであるのとまったく同じように魂で生きている。魂を生きている。魂と生きている。今しているのは期待の高みから完全な自己責任で滑り落ち何もかもだるゥ~~~~~~~ってなった話であり無限に繰り返してきたこの手のウッカリを永遠に繰り返していくのだろうという諦観の話であり文化の対極にある『連勤明け』状態から面白い映画を観て文化的な気分になりたかった話であり他人の考察を読み漁りたかった話であり自分自身もTENETの話をしたかった話だ。今日は「労働と労働の谷間にいる人」じゃなくて「TENETを観た人」で在りたかったんだよなぁ何故なら労働が世界で一番嫌いだから!映画が観たい。より労働が嫌い。って気持ちの方が強いんならそれもう俺と労働の関係性百合じゃないの?こういうこと言うと百合のオタクに囲んで殴られるの?何でもかんでも百合認定するムーブがもうダサいのか?インターネットの流行は移り変わりが激しすぎてついていけないが、労働が僕の人生を横切ろうとする動きはあまりにも鈍重すぎて横たわっているのと何も変わらない。

  仕事の文句を書くと転職を勧めてくる人がいるがそれは「明日もう一度転職サイトにアクセスしてください。本物の労働を教えてあげますよ」以上でも以下でもないぞ(死んでくれ)。まずもって「労働」という概念そのものが無理だし実際の労働に付随する周辺概念のひとつひとつも無理なんだよな~~~~~~~~~~~組織も上司部下の関係も客も他人への気遣いも向いてない!社会が向いてない!深い森の中に生まれ野鹿を狩り狼に食い殺されたかった!そしてどうやっても好きになれないものを続けているという点で、薄々勘づいてはいるが僕には奴隷の才能がある。より正確に言えば新しいことを始める才能はないが既に置かれた状況に甘んじ続ける才能がある。最悪すぎる~~~~。

 昔からそうだったな。しょーもない肉体労働の世界で我慢して稼いだお金で大学に行ったし今はしょーもないサービス業の世界で我慢している。嫌いな世界の中で我慢するのが自分の唯一の才能だとすればどう生きればいいんだろう……みたいなことを言うとインターネットアマチュアカウンセラーが寄ってくる。インターネットアマチュアカウンセラーは構ってくれるので好きだがアマチュア診断を下そうとするので嫌いだ。「下す」行為には「相手の上から物を言う」前提が含まれているように思うしお前らが俺の上に立っていたことは一度もない!その階段に足をかけるんじゃあねぇ――――ッ!オレは上!きさまは下だ!!ストーンオーシャンアニメ化デマだったってマジ?反応しなくてよかった……まちカドまぞく二期製作決定は“真実”なのでもっとよかった……真実から出た『誠のコンテンツ』は決して滅びはしない…あんたは果てして『滅びずに』いられるのかな?労働…(いられる)(あらゆるコンテンツは労働によって製作されるため)(まちカドまぞく二期も例外ではない)(こんな不条理があるか?)

 でもまちカドまぞくは面白い。もしかしたらTENETより面白いかもしれない(観てないのでこれは不誠実な物言いである)。誰かの善意によって奇蹟的に成立してる「愛すべき平和な日常」に焦点を当てた物語だから「誰かの善意」を直接クローズアップすることはあまりないんだよね。そして直接描かないからこそ「誰かの善意」が浮かび上がってくる。よく出来ているなァ~~。そしてTENETもきっとよく出来ていたんだろうなこんなに話題になるくらいだしな。

 ウロロロロ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ン

 こんな鳴き声を上げるよりTENETの話をしたかったよォ~~~~~~~~~~~!あと僕のせいでTENETのチケットを買えなかった人がもしいたらごめんねと言っておくだけの理性は残っている。(心にもない)(叩かれないためだけの振る舞い)(滅びろ世界)

 

 好きなおやつは安くてまずいアルコールで~~~~~す👍

 

 

f:id:antten:20200929215349j:plain

 

 

 

 

 

おわり