深夜ツイートブログ

今週のお題「2020年上半期」

 

 あらゆる行動はすべて他人に嫌われる可能性を孕んでいるが、生きている状態を維持するには必ず何かしらの行動をしなければいけないので、生きるのはハズレの混ざったくじを引き続けるのと同じことである。だが絶望することはない。必勝法はある。死ねば行動そのものが物理的に発生しなくなるので(生前まで遡って評価がひっくり返るようなデカいやらかしでもない限り)それ以上のマイナス評価を受けることがない無敵状態になれるのだ。

 なのでほんとうに心の底から誰かに好かれたいのならお金をたくさん渡した後すぐ死ぬのが正解なのは異論もないだろうけれど、「誰かに好かれたい」は多くの場合において「誰かに好かれていることを実感したい」の言い換えだ。死ねば実感をすることは出来ない(死んでいるため)。故に誰も好かれるための自殺をしていない。

 つまるところ、ほんとうのことだからって顧みられるとは限らないのである。「孝行がしたいときに親はなし」のほんとうの意味が「ある程度の不仲なら相手が死んだ後『もっと歩み寄っておけばよかったなあ』と緩みがち」だと気づいたって家族関係を修復するために死ぬひとは(いたら滅茶苦茶にカッコいいとは思うけど)いないし、「禍福は糾える縄の如し」のほんとうの意味が「今は楽しくても生きてる限りいつか絶対嫌なことがある」だと分かっていても幸福なうちに死に逃げしようとするひとは(いたら滅茶苦茶にカッコいいとは思うけど)いない。

 それが悪いことだと言っているのではなく、人間はほんとうのことから都合よく目を背けるだの説法したいのでもなく、もちろんあなたに死ねと迫っているのでも当然なくて、まあそんなもんだよねってだけの話だ。善良であれば死後天国に行ける、頑張れば報われる、自分には社会と結びついた役割がある、自分のやっていることには意味がある、意味なんかなくても楽しければいい等々、生活をしていくにはどうやっても嘘を信じずにはいられないし、“何のためにどうやって生きればいいのか”を示してくれる嘘よりほんとうのことを選ばなければいけない理由はどこにもない。

 どこにもない……が、ほんとうのことはほんとうのことで、嘘は嘘、それはほんとうだ。ほんとうは、ほんとうのことなんて誰かに教えられるものではなくて、内側からわき上がるほんとうに純粋な自分の意思であるべきだ。だからこそ嘘は誰かの用意した丁寧な道標で、きっとほんとうのことは誰もどこにも導いてはくれないだろう。それでも、それだとしてもほんとうの道をほんとうに歩めたのならば、それはほんとうの人間のほんとうの人生だ。嘘のないほんとうのことがそこにはほんとうにある。

 

『何が「ほんとうのこと」だよ、お前が勝手にそう言い切ってるだけだろ』とお怒りの読者もいるかもしれない。でも聴いてくれ、ぼくは皆に幸福になって欲しいし、皆が自分の人生に納得すればいいと、そう願っているんだ。ほんとうのことだよ。

 

 

 

 

以上が2020年上半期の総括です!

下半期も頑張って~~~~~~いきまっしょい!!!!!

 

 

 

 

おわり

「最近観て面白かった昭和ウルトラマンを淡々と記録するコーナーファイナル」最終回

 遂に最終回です。

 

www.youtube.com

 

「昭和ウルトラ糞にわかなのでウルトラセブン24話の公式配信でも観て勉強するか…」「話のテンポ早っ!!!!玩具の宣伝関係なくても『見せ場』なので現代だと1分くらい使ってそうな戦闘機の出撃パートを5秒くらいで済ますの正直こっちのが好き…テンポの速さは正義…」「セブンの時点で割と普通にコミカルな巨大戦描写あったんだね…愛染マコト…お前は…」「親と子の物語…昭和っぽさはあれど令和の世だろうと根底は不変だから涙腺に来る…」「ウィンダムちゃん洗脳凌辱!!!!!」「洗脳解除ビーム!!!!」「なんの再洗脳ビーム!!!!」ウィンダムちゃん「(ビクンビクン)」「巨大戦パートのテンポ早っ!!!!!!!玩具の宣伝ノルマがないのでホントに3分で退場させても誰にも怒られないのか…巨大戦特撮がアッサリなのは悪…」「自爆装置360秒で設定した意味マジで皆無では…?」「300人の命を助けるための1人の犠牲…みたいなアレをやってたけどこれセブンいなかったら普通に300人+1人爆死してたよね…?」「いやギリギリで回避する画を撮りたかったのは分かるが」「今なら『女は自分の仕事も選べないってことですか?』と一部のネット民が苦言を呈し一部のネット民がそれを冷笑しぼくは両者から距離を置くやつ~~~~」「この『もにょり』は現代ウルトラマンを観るときにもたまに感じるやつ…」

 

 

結論:昔のウルトラマンは面白く、最近のウルトラマンも昔のマスターピースに全然負けないくらい面白いぞ!!!!!昔も今もぜんぶ面白い!!!!!!

 

 

 

 ほんとにチラシの裏だな

 

 

 

 

おわり

「最近食べてうまかった食物を淡々と記録するコーナーフォーエバー」最終回

 ついに最終回です。

 

 800g185円のうどんに卵を乗せて麺つゆをちょっとかけたもの

f:id:antten:20200720221136j:plain

 

 うどんに卵を乗せて麺つゆをちょっとかけて混ぜると手間に対して文明的な味するのでコストパフォーマンスが高い。しかもスープが存在しないので事実上の塩分カットであり健康的である。これにネギとかを入れてしまうと文明度が過剰に高くなりすぎるのでよくない。あるべき領分を超えて発達し過ぎた文明はいずれ自らに滅びをもたらすだろう。例えば高慢にも天まで至る野望を抱いた人類がレンガ造りの塔に雷を落とされたように……

 ゆで時間に10分かかるのは精神的にマジでやばいときだと多分無理なので比較的に余裕のある今の内に全部消費しておこうと思った。

 

 

 

 800g185円のうどんに卵を乗せてチューブの豆板醬をちょっとかけたもの

f:id:antten:20200720230200j:plain 

 絶対に麺つゆもかけて混ぜた方がいいけどこの写真を撮ったときには麺つゆの存在を忘却していたので仕方がなかった。怠惰な人生を送っていると頭が鈍くなってこういうことが起こる。その点で言えば辛味は刺激であり怠惰な人生に対する刺激はよいものであるので800g185円のうどんに卵を乗せてチューブの豆板醬をちょっとかけたものよいものなんだよね。もっと刺激的な人生を送りてぇ~。例えば神ならぬ身で天まで至る野望を抱きレンガ造りの塔をどこまでも高く高く伸ばしていくような人生を……

 写真が暗いのは照明に対しても怠惰だったから。

 

 

 

800g185円のうどんに卵を乗せてチューブの香味ペーストをかけたもの

f:id:antten:20200721103350j:plain

 

 香味ペーストとは?

 にんにく油とかの色々が入ってるやつ。にんにく油とかの色々が入っているので卵と混ぜて食べると舌先から感じる味の奥の奥の奥、ぼやけて見えるくらいの遠くで美味いカルボナーラが手を振っているのがわかる。「おーい、こっちはいいところだよ」「はやくこっちにきなよ」遥か向こうの菜の花畑からカルボナーラは僕に言う「はやく……こっちに……とどかない……」何か様子がおかしい、カルボナーラはこんな声だったか?「こっちに……」「こっちに来い……!」

 はっとして目覚めると病院のベッドの上。全身汗まみれの僕に、看護師さんは「あなたは交通事故に遭って頭を打ち、ずっと昏睡状態だった」と説明してくれました。

 あの夢はなんだったのか、もし目覚めなければ一体どうなっていたのか……困惑しながらふと、胸元に手をやると、いつも首にかけていた祖母の形見のお守りが粉々に砕けていました。

 もしかすると、祖母が私を助けてくれたのかもしれない……そう直観すると、何だか切ない気持ちが胸に込み上げ、頬を涙が伝ったのでした。

 

 

800g185円のうどんを水で〆てごま油と麺つゆをかけたもの

f:id:antten:20200721090040j:plain

 

 暑いと冷たいものが美味くなるのでうどんを冷たくしたいひとは水にさらすのがオススメ(茹でたうどんを水にさらすと冷たくなるため)

 

余談

  最近ウルトラマンZが面白いんだけどこの面白さは『ニュージェネレーションウルトラマンシリーズ』自身を参照する面白さであり、これまで昔の、特に昭和ウルトラマンからネタを引っ張ってくることが多かった(そして「過去の遺産の食いつぶし」みたいな言い方もされた)シリーズが自己言及に足る歴史の厚みをいつの間にか獲得していたんだなぁという面白さなので初見向けではなくない?とは思うけど毎週無料で観れる現代日本でいちばん凝った特撮技術やパトレイバーふうの“リアリティのある”防衛隊描写、個性的なキャラクター達そのものはシリーズの文脈から切り離しても面白いのでやっぱりウルトラマンZは面白いんだなぁと思った。ご唱和ください我の名を!無限にうどん食べるマンゼーット!

 

 

 

 

 

おわり