マスターデュエルとぼく

 

 戦争やってんのに遊戯王やってるんだなと思いながらマスターデュエルを遊んでいたらプラチナTier1になった。知らない人のために説明するとプラチナTier1というのはいちばん強いということです。道を開けろ雑魚共。

 まあロシア軍がウクライナに侵攻する前から危機は依然として騒がれていたけど僕は気にせず遊んでいたのだから何を今更社会派ぶっているのかという話であるし、もっと卑近な例で言えばコロナ禍三年目に突入した今の日本にだって困っている人は大勢いるのにやはり気にせず好きに遊んでいる。げに恐ろしきは人を社会的な不感症にさせる遊技の力か。そりゃあ偉い人も昔から娯楽を管理下に置きたがる訳だなあと納得するけれど、僕が子供の頃に遊んでいた紙の遊戯王はここまで人を耽溺させる力はなかったよな、と振り返って思う。

 パックを買う以外に収集方法がないから同じカードを三枚集めるのは実質不可能、強いデッキの組み方とか回し方とかよりも光っているカードが入ってるパックのサーチ方法*1ばかり共有されるので戦略が洗練されない、そもそもルールを正確に理解しているプレイヤーが存在しないし学ぶ方法もまったく用意されていないのでテキスト解釈で揉める*2。アニメが流行ってるから遊んでるだけでみんな薄っすら「つまんねー」って思っているので別のものが流行った瞬間に誰も遊ばなくなる(なった)……だいたいサーチを抜きにしたって子供にとってのカードゲームなんて小遣いの多い奴が勝つだけのゲームだし、トレードのレートはクラス内ヒエラルキーがそのまま反映される。辛いね。

 対してマスターデュエルである。計画的にカードを集めれば複数デッキを組むのもそれほど難しくはなく、カードプールは紙の約一年遅れなのを踏まえても異常なほどに広大で、細かくて複雑な処理は勝手にやってくれるから揉めは発生しない。ランク戦は数秒でマッチアップするので対戦相手に困ることもなく、インターネットには二十年以上積み重ねられた攻略と研究の資料が大量に公開されているし、コミュニティも活発。何だかんだでガチャ石もよく配られるし、火種が燻った時の運営の対応も早い。カジュアルマッチがないという不満点も偶に上がるが、いちおうルームマッチはあるので代用しようと思えば出来る。最高のゲームだ!

 最大の欠点と言えばこの最高のゲームで遊べるのが遊戯王OCGとかいうクソゲーであることで、ただでさえクソゲーなのにシングル一本勝負しか用意されていないので圧倒的に先攻有利である。先攻を取って妨害カードを並べまくるゲーム。先攻を取られて妨害カードが並ぶ様をじっと見つめるゲーム。カードに書いてるのは日本語ではなく“遊戯王カードのテキスト”なので直感的に挙動を理解できないし、だから相手の先攻制圧から何かを学び取るのは初心者にはまず不可能。だだじっと見ているしかない。

 上から下までインフレしまくっている現代遊戯王はそもそも友達同士以外とカジュアルに遊べるようなものではないんだからカジュアルマッチがないのも当然だ。仮に実装されてもランクマッチではいまいち勝ちきれない中堅上位デッキがカジュアルに遊ぼうとした初心者を蹂躙する悲しい光景がどこまでも広がることだろう。このゲームって「先攻取って手札誘発*3食らわなきゃ強い」みたいなデッキが無限にあるし。

 実のところ僕の使う【ジャンクドッペル】もそんな中堅上位デッキのひとつである。

「うらら*4無さそうだったらぶん回す、有りそうだったらハリファイバー*5に当てられる前提で無理くりアウローラドン*6まで行ける展開を意識する、増G*7とかドロバ*8とか泡影*9とかヴェーラー*10とかを無効に出来なかったら黙して死を受け入れる、ニビル*11が出てくるのは俺じゃなくて運が悪い」

 意識した戦略はこれだけで、先行取られたときに誘発投げるタイミングなんてネットの人が「ここで使え」って教えてくれたのをそのまま真似してるだけなので知らんデッキは初動で止めるしかない。先攻取られて三妨害も立てられると、どんなに手札が良くても捲る力がないのでそのまま死ぬ。

 とは言え、誘発1枚、妨害1個くらいなら割となんとかなるし、誘発握れなかった相手を交通事故みたいに轢き殺せばいいだけなのだからプラチナ帯に上がること自体は難しくはない。今シーズンでは一旦プラチナ1に昇格すると降格はないので勝敗に拘る圧もやや減っている。

 そんな訳で環境が多様になってきたシーズン末期だからギリギリ滑り込めただけ……と言われば返す言葉もない。調子に乗るな誘発投げて来ない壁とやってろひとり遊び野郎、とマスターデュエル既プレイヤーは指摘することだろう。それもまた甘受するのみである。けれども【ジャンクドッペル】はしょうもないデッキなのか?と聞かれれば明確にノーと答える。

 ぶん回れば環境上位相手でも捲られることは殆どないのだし、初手がいまいちでも《混沌魔龍 カオス・ルーラー》という強引にソリティアするためだけに存在しているカードのお陰で強引にソリティアできることが多い。強引なソリティア最高!

 デッキ名の下半分こと《ドッペル・ウォリアー》さえ展開に絡められれば何分もソリティアが続くので、「最終盤面はちょっと脆そうだな…」みたいな時でも嫌気差した相手が途中でサレンダーしてくれることがある。これはランクマッチだ。耐えられなかったお前が悪い。

 デッキ、手札、墓地、除外、どの領域に何があるのか、1ターンに1回しか使えない効果のうちどれをどの順番で使うか、このタイミングでこれを使えば欲しいカードを引ける/墓地に落とせる確率はどの程度か、最終的な盤面はどこまで辿り着けるか……思考を巡らせながらパッチンパチンとカードを出し入れする時の脳味噌は仕事中でもこれ程までにはと言うくらいに活性化し、アドレナリンが分泌して、イライラしながらターンが返ってくるのを待っている画面の向こうのお前を幻視する。それが楽しくて仕方がないからソリティアを使っている。

 これは多分僕だけじゃなくて展開系のデッキを組んでいる人は皆おんなじ感じだと思う。いい年してカードゲーム遊んでいるやつに善人は存在しないので……

 

f:id:antten:20220228192333p:plain

 条件が整えば先攻1ターン目に6ドロー+つよつよシンクロ3妨害+墓地から1妨害+ついでの1ハンデス+脳汁の分泌が得られちまうんだ! このクソゲー自分が先攻制圧してる時だけはクソゲーであることを忘れるくらい楽しい。

 展開パターンの多さ故に最初は使うのが難しいデッキではある。だからこそ「あっここから動けるじゃん!」と気づく瞬間が――ネットに書いてる展開例のコピペではない自分だけの閃きが――ジャンドを使っていると必ず訪れる!【ジャンクドッペル】とはそう、戦いの中で成長するタイプのデッキなのだ。

 理不尽に殺され、理不尽に殺し、自分の成長を実感しながらアドレナリンを求めてひたすらランクマに潜りまくる。それが【ジャンクドッペル】であり――あるいはマスターデュエルそのものなのである。

 中毒性の高いクソゲーを遊べる神ゲー マスターデュエルを評するのに適切な表現はこれを置いて他にない。

 昔遊んでいた紙の遊戯王はただのクソゲーだったから嵌ることもなかったが、マスターデュエルでは涙と鼻水と耳汁を垂らしながらソリティアしまくっている。難しいことを考えるより画面の向こうの相手を圧殺したい。僕のようなやつがいるからいつまでも人類は他人に無関心で世界は平和にならないのだと思う。戦争やってるし少数民族が迫害されてるし環境変動で人の住む場所が減りそうだし自然資源が枯渇しそうだし日本の入管では人権侵害が行われているしパンデミックは終わらないし貧困と諦観は他人事ではなくそこら中に横たわっているけれど、これからも遊戯王をやるぞ。次は【召喚シャドール】か【天威竜星】を組みたい。制圧力なら前者、ソリティア力なら後者だろうか。天威かなやっぱ。汁を垂れ流すぞ~~!

 

 

 

 

 

おわり

*1:昔はそういうのがあった。パックに触って弄るカスが大勢いたので全国的にカードゲームのパックはレジの裏に並ぶようになった。

*2:プレイマットを持っている奴がいなかったから融合デッキの概念もよく知られておらず、メインデッキに融合モンスターが投入されていた。

*3:相手ターンに手札から使える妨害カード。そういうのがある。

*4:手札誘発のひとつ。自分の後攻初手では九割引けないが、相手の初手には九割入っている。

*5:ソリティアみたいにカードをペタペタ並べる展開の基点になるカード。

*6:ソリティアをするためだけに存在しているカード。

*7:俺に気持ちよくデュエルさせねぇ手札誘発。

*8:同右。

*9:同右。

*10:同右。

*11:ソリティアデッキを絶対殺すカード。

日記:一月六日

 この季節にしては珍しいくらい穏やかな日差しは、少し早めの小春日和と言ったところだろうか。冬が終わる気配に浮足立ってしまったので仕事からの帰り道、普段よりもひとつ前の駅で電車を降りて街をゆっくり歩いてみることにした。

 向かった先は区立公園。いつか散歩したいな~と思っていたけどその「いつか」が東京に越してから五年以上来なかった場所だ。

 暮れなずむ空の下。園内には僕と同じようにのんびりと歩く人の姿がちらほらと見えた。太陽は夕闇に追いやられて西の果てに逃げたけれど、最後っ屁のような温風が強く吹き付けると、背中の空気を押し出されるように大きなあくびが出た。

 久々に歩いたものだからスーツの内側が汗で蒸れる。襟首を緩めながら公園を見渡すと黄色い花が目に入る。街灯の明かりを受けて宵闇にぼんやりと浮かび上がるその花に妙な色気を感じて、興味を惹かれてたので花壇に近づいてみた。黄色くて小さな花弁は菊の花のようだったが、それにしては少し小さいようにも思う。

 スマートフォンで調べてみると「キンセンカ」なる花らしい。食用菊に使われているのはこの花で、つまり食べられはするのだが特別美味しいものではないそうだ。

 この花が咲くには本来少し早いのだけれど、この数週間の穏やかな天候のせいで、普通よりも早く花弁が開いたのだった。

 キンセンカの香りに誘われたのか、あるいは仕事で疲れてしまったからか、僕はキンセンカの花壇に腰を下ろした。本当ならベンチを探すべきなのだろうが、いったん座ってしまうと中々立ち上がる気になれない。

 暖かな空気に抱かれ、僕はそのまま瞼を落としたのだった……

 

 

 

おわり

日記:一月五日

 突然映画館に来たような気分になったのはポップコーンの袋を開けたからで、香ばしいキャラメルフレーバーが鼻をくすぐると“あの感じが”立体感を持って脳裏に蘇った。

 僕が座るPCデスクの背後の壁にはでっかい映画のポスターが飾られているに違いなく、足を下ろせば柔らかな感触のカーペットが敷き詰められているに決まっていて、建物の一階に併設されたパチンコ屋には映画よりもずっと人が入っている筈だった。グッズの売店にはパンフ以外にろくなものを置いていなくて、四つあるスクリーンがフル回転している様など想像もできず、身の程に合わないくらいに用意された座席がすべて埋まる日は永遠に来ない。そう、ここはそんじょそこらの映画館ではない。

 気づけば僕が立っていたのは――ひとりで映画を観に行くことにも慣れてきたあの夏の昼下がり、劇場版「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」が上映された、北海道のあの街の、あの映画館のあのスクリーンだった。

 ポップコーンを嗅いだ僕の時間は、2010年に、あの街に住んでいた頃に戻ったのだ。

 それなりに大きなスクリーンを見渡すと、埋まっている座席は両手で数えられる程度で、僕を除けば子供連れだけだ。仮面ライダーの劇場版ではよくある光景。今更気にすることではない。グズる子供に当たる確率が低いから快適なくらいだ。いい年して仮面ライダーを観ている奴なんて、北海道の札幌以南には僕以外に存在しないんだろう。あの時はそう思っていた。だが――

「AtoZ」が現在でも人気の高い傑作であることは説明するまでもない。だけれど僕があの映画を考えるとき、内容とは別にどうしても思い出してしまう人物がいる。

 僕はスクリーンの入り口に目を向ける。

 記憶の通り、照明が落ち予告編が始まる少し前に入ってきた若い男――白地のワイシャツに真っ赤なネクタイを締め、黒のベストを纏った男は、目元を隠す滑らかな黒地のハットを胸元に引き寄せる。帽子の下から現れたウルフカットを神経質に撫でつけながら彼は、歩きと走りの中間みたいな速度でバタバタと最前列まで移動した。どこか赤みがかった顔。真っすぐ座席だけに固定されたその視線に“誰とも目を合わさない”という強い決意が隠されているのはありありと見てとれて、つまりきっとあれは仮面ライダーダブルの主人公、左翔太郎のコスプレだった。

 完全再現を目指してはいない雑さは資金の問題か「普段着ですけど?」と逃げる道を残すためか、いずれにせよ若い何かが暴走した結果の、一夏の過ちであろうことは容易に理解できた。

「AtoZ」の事を考えるたびに彼のことを頭の片隅で思い出す。あの頃の自分は今よりも捻くれていたので「映画館で映画より目立とうとすんな」と鼻で笑ったし(服ぐらいで別に何も変わらんだろうに)、堂々と振舞わずコソコソとスクリーンの端を通るその態度に苛立ちを感じてもいた。

 今思えば――僕は彼のことを羨んでいたのかもしれない。

 好きという気持ちを表現するために分かる人には分かる服装をする、という手段を選べる彼に、目立つことが苦手な僕は敗北感を持ったのかもしれない。

 彼だって恥ずかしさがあったから、なんだかギクシャクとした早歩きをしていたのだろう。それは僕が馬鹿に出来ることではない筈だ。胸を張って自己表現できないのは僕だって同じだろうに。

 もし、あの時、彼に声をかけていれば……友達になれたのかもしれない。

 彼のことを思い出すたび、僕はそんなことを考える。

 そしてスクリーンは暗転し、何度となく観た「AtoZ」の幕が上がって、そして下りた。

 

 

 エンドロールが終わり、照明が灯るのと同時に彼は立ち上がる。ウダウダしている子供連れとは一線を画した速度で出口に向かい、僕も彼に続いて歩く。同じペースで歩き続ける。

 売店には目もくれず最短距離で帰ろうとする彼の背中を追いかけて、同じエレベーターに乗り込むと、一階のボタンを押す。僕はいま左翔太郎と一緒にエレベーターで降りているんだな、と心中で笑う。ここまでは記憶通り。

 かつて携帯電話を見るふりをして過ぎるのを待った数秒間。

 消えゆくポップコーンの香り――

 僕は――僕は言った。

「あの」

「え?」

「めっちゃ面白くなかったですか?」

 

***

 

 翌年、夏。

 劇場版「仮面ライダーオーズ WONDERFUL 将軍と21のコアメダル」が公開されたその日。二人の男が映画館の前に立っていた。

 片やエスニック風のアウターを身に纏う青年。袖が解れ気味なのは普段着の再利用だからだろうか。外ハネの強い髪型を神経質に撫でつけている。

 片やチェーンのついたジャケットを纏う、真っ赤なパンツと金のウィッグが目を引く青年。彼は恥ずかしげの欠片もない大声で言う。

「おいエージ!行くぞ!」

「待ってよ、アンク!」

 そして二人は、映画館の中へと消えていった……

 

 ……

 …………

 ………………

 

 彼らをド滑りゲボカス糞オタクと嘲笑うのは簡単です。

 でも――あの笑顔を見てごらんなさい。あれほど楽しそうにしている若者を馬鹿にせずにはいられない大人たちこそ、何か病理のようなものを抱えているとは思いませんか? ああやって無邪気に笑っていた時期が誰にだってあった筈なのです。それを思い出していただきたい。そしてもう一度考えて欲しい。

 ほんとうに大切なものは何か、ということを……

 

 

 

 

 

 

おわり